転職基礎知識

【経理の転職面接の歩き方】全体の流れやよくある質問と回答を全紹介!

2020年6月28日

たなかのJr.
経理の転職を考えてるんだよね。もうすぐ面接があるんだけど、転職面接ってどんな質問されるのかなぁ。面接のポイントや準備について誰か教えてほしいよぉ~!!

 

そんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 経理の転職面接の流れと段階別におけるポイント&攻略法がわかる
  • 経理の転職面接での質問と回答ポイントについて整理できる
  • 経理の転職面接に向けた事前準備についてわかる

 

本記事の信頼性

実際僕も経理の転職経験者です。

また、採用側として面接官の立場も何度も経験しています。

 

本記事では、経理経験17年、転職者側・採用者側の両方を経験し、事業会社経理を知り尽くした僕が経理の転職面接についてまとめました。

 

ただでさえ緊張する面接。事前にどんなことを聞かれるのか知っておきたいですよね。

 

経理の転職面接を成功させるためのポイントに絞って紹介していきますので、最後までご覧ください。

 

1.経理の転職面接の流れと各段階におけるポイント

1回の面接で採用までいくケースは少なく、通常2~3回の面接が行われます。

面接の段階ごとに面接官が違う(ことが多い)ので、まずはじめに各段階における面接官が注目しているポイントを押さえて攻略していきましょう。

 

■第一段階: 一次面接(書類or人事面接)編

一次面接では「人事担当者」との面接が一般的に行われます。

人事担当面接では、経理の専門知識やスキルは判断できませんので、ここでは印象や雰囲気、基礎能力といった部分を見ていることに注意しましょう。

 

人事担当面接官の注目ポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 人がらや第一印象は良いか(身だしなみにも注意)
  • 基本的なビジネスマナーを備えているか
  • 社会人・募集要件に合致した基礎能力を備えているか

 

人事担当面接官は、次の経理責任者面接官へ紹介してよい人材かどうを判断したいと考えています。

 

※転職エージェントを利用しての応募などでは、基本的なところはエージェントによって面談が済んでいることもあり、この段階が書類のみとなる場合もあります。

 

■第二段階: 二次面接(経理責任者面接)編

二次面接に進むといよいよ「経理責任者」との面接です。

経理責任者面接では、経験やスキルから即戦力として活躍してくれる人材かどうかを一番の採用ポイントとして見ていることに注意しましょう。

 

経理責任面接官の注目ポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 経理経験・スキルをどの程度持っているのか
  • 一緒に仕事がしたいと思える人材か(部下適性)
  • マネジメント経験などにより、チームでの仕事の進め方ができる人材か

 

採用となれば一緒に仕事をしていくわけですので、この人となら一緒に仕事がしたいと思ってもらえる部下適性も重要となります。

 

■第三段階: 最終面接(役員面接)編

いよいよ最終面接に進むと「役員」との面接です。

役員面接では、会社に合う人材か・入社意欲がどの程度かなどを見ていることに注意しましょう。

役員面接官の注目ポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 会社の方向性と自身のキャリアの方向性(将来ビジョン)があっているか
  • 志望動機などから入社意欲が明確か

 

経理の現場責任者のOKは出ているわけですので、うちの会社に定着してくれるのか? 本人のビジョンと会社の方向性が合致しているのか? を確認したいと考えています。

 

2.経理の転職面接での質問と回答ポイント

ここからは、実際に面接で聞かれやすい質問について見ていきましょう。

一般的な面接の質問として

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 転職理由

などもありますが、こちらは1つ1つ別の記事でめっちゃ詳しく解説してますので、下のリンクから知りたい記事へ飛んでくださいね。

今回の記事では経理に特化した質問として「スキル」「キャリア」「逆質問」に絞ってポイントを解説します。

 

※「自己紹介」についてはこちら▼

>>【経理の転職(自己紹介編)】面接官が知りたいポイント徹底解説!!

※「自己PR」についてはこちら▼

>>【経理の転職(自己PR編)】面接官が知りたいポイント徹底解説!

※「志望動機」についてはこちら▼

>>【経理の転職(志望動機編)】面接官が知りたいポイント徹底解説!

※「転職理由」についてはこちら▼

>>【知らなきゃ損】経理の転職理由は「〇〇〇〇〇」変換で決まりです!

 

①経理の転職面接で聞かれる質問(スキル編)

やはり経理の面接ですので即戦力となる人材かを試される「スキル」に関する質問は多い印象です。

経理スキルに関する質問

  • 月次・四半期・本決算の締め作業経験の有無
  • 使用していた会計ソフト
  • 連結決算業務経験の有無
  • 開示書類(決算短信・有価証券報告書・招集通知)作成経験の有無(上場企業)
  • 税務の知識及び税務申告の経験の有無
  • 会計士や税理士とのやりとり経験の有無

提出の職務経歴書に沿っての質問となりますが、かなりスキル部分は詳しく聞かれます。

見栄をはる必要はありません。ただ、単に経験した業務を話すだけでなく、

  • 会社に大きく貢献した点
  • 失敗はあったもののそれを工夫して乗り切った点
  • 担当業務における責任の範囲(任され度合)
  • 各業務の注意すべきポイント

などを交えながら面接官に自分の業務にあたる姿勢を想像してもらえるよう話しをするようにしましょう。これだけで面接官の印象に大きく残る回答になりますよ。

 

②経理の転職面接で聞かれる質問(キャリア編)

経理職として、今後どのようなキャリアビジョンを持っているのか、キャリア観を問う質問も多く見受けられます。経理が社長の右腕として業務にあたる会社も多くあるので当然ですね。

経理のキャリア観に関する質問

  • 今後のキャリアビジョンについて
  • 経理に求められているものは何だと思うか
  • 経理業務をおこなう上で、信念は持っているか?
  • なぜ経理職を選んだのか
  • 自身で勉強している内容(自己啓発)
  • うちの会社だからできること・やってみたいことは

日頃の経理業務に向きあう姿勢やプライドなど、また、継続して学ぶことができる人材かを見られる質問です。

経理という業務はまだまだ「デスクワークでもくもくと」や「事業のことをわかっていない」と閉鎖的な印象があるのも事実です。特に経理責任者・担当者以外のかたとの面接の際に注意してほしいのが、

  • 全社視点・経営視点の判断ができる点(全体最適を考えられる点)
  • 事業部門とのコミュニケーションの大切さを理解している点
  • 事業について理解できている点

などをうまく回答の中におり交ぜてほしいということです。経理業務を深く知らない面接官に対して大きなアピールになりますよ。

 

③経理の転職面接で聞かれる質問(逆質問編)

面接では質問されるばかりでなく、面接の最後に「何か当社に対して質問がありますか?」と問われるケースがあります。そんな時の対応ポイントも整理しておきましょう。

 

逆質問を促す面接官の意図は、純粋にお決まりで聞いているだけではありません。

  • 質問が的外れでないか?
  • 質問の内容等から自社に対しての興味の程度を知りたい

などの意図も含まれています。あぁー質問やっと終わったー!なんて気を抜かないでくださいね。

 

ここでのポイントは

ポイント

  • 逆質問は3つ~5つ事前に用意しておく
  • 用意した質問から面接官の立場にあった質問をする
  • 仕事に関する質問に絞る(福利厚生や条件面についての質問はしない)
  • 自分の考え+質問というように、単なる質問の丸投げはしない

となります。

 

わかりづらそうな最後の「自分の考え+質問というような質問の丸投げはしない」について例を1つあげておきますので参考にしてください。

■残業時間がどれくらいか知りたい場合

①悪い質問例

たなかのJr.
御社の経理部門の残業時間はどれくらいでしょうか?

②良い質問例

たなかの
御社に入社させていただいた際の具体的なイメージを持たせていただきたいと思っております。御社の経理部門のみなさんの出社時間と退社時間についてお聞かせいただけますでしょうか?

 

3.経理の転職面接 事前準備

普通の記事であれば(?)ここで終わりですがこの記事は違いますよ!「転職面接の流れや質問はわかったけど、準備はどうしたらいいの?」と思いますよね?任せてください、ちゃんと事前準備についても解説します。しっかり見ておきましょう!!

 

①自宅での事前準備4STEP

転職面接は事前に準備がしっかりできているかどうかで合否が決まるといっても過言ではありません。できることはしっかりとやっておきましょう。

 

具体的には、今までお話ししてきた想定質問の回答について

  1. 文章でしっかりと書いてみる(文章は口語体で書きましょう)
  2. 書いた文章を声に出して読んでみる
  3. 家族や友達に協力をお願いして面接のロールプレイングをしてみる
  4. おかしなところを修正する

 

を何度も繰り返しおこない、緊張していても自然と言葉が出るくらいまで練習してくださいね。そうすることで本番でも100%の力を発揮することができます。

 

②転職エージェントに登録して活用する

転職面接を有利に進めるために転職エージェントに登録して面接情報などをもらいましょう。

 

無料で登録できて転職面接についてのいろいろな情報をもらえる上、模擬面接を実施してくれるエージェントもあります。

こちらを活用すれば質の高いロールプレイングも可能ですね。

 

転職エージェントを上手に活用して、転職面接を少しでも有利にすすめましょう。

 

ただし転職エージェントにもいろいろな種類があって、どれに登録すればよいか迷ってしまいますよね。そこで私が本当におすすめできると感じた「経理の転職エージェント6選」を別の記事でまとめています。よかったらこちらもチェックしてくださいね。

>>【経理の転職】おすすめエージェント6選【特化型3社・総合型3社】

 

 

4.経理の転職面接 まとめ

今回は経理の転職面接ってどんな質問されるの?面接のポイントや準備について教えてほしい!というお悩みについて解説しました。

転職面接についての不安は解消されましたでしょうか。

 

簡単に今回の記事のポイントをまとめます。

1.経理の転職面接の流れのおける段階別ポイント3つ

  • 一次面接(書類or人事面接)編
  • 二次面接(経理責任者面接)編
  • 最終面接(役員面接)編

2.経理の転職面接での質問と回答ポイント

  • 経理の転職面接で聞かれる質問(スキル編)
  • 経理の転職面接で聞かれる質問(キャリア編)
  • 経理の転職面接で聞かれる質問(逆質問編)

3.経理の転職面接 事前準備

  • 自宅での事前準備
  • 転職エージェントの活用

 

繰り返しになりますが、面接の合否に大きく影響するのがしっかりとした事前準備です。

本記事のポイントを武器に、経理の転職面接を自信をもって突破してくださいね。

 

本記事が、あなたの新たな挑戦の一歩の手助けになれば幸いです。

 

関連記事
【失敗しない経理の転職】おすすめエージェント6選~特化3社・総合3社~

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たなかの

サラリーマンブロガー|Googleアドセンス3記事(申請中に+2記事)で一発合格【経歴】大学生とコンビニ店長の2足のわらじ▶新卒で上場企業営業職▶1年2ヵ月で転職▶上場企業経理職▶同企業内部監査職▶同企業経営企画職(現任)|経営参謀として日々奮闘中|ブログを通してみんなにGIVEを!!

-転職基礎知識
-, ,

Copyright© たなかのブログ  , 2020 All Rights Reserved.