経理未経験

【初めての転職活動!】20代に安心の総合型転職エージェント7選

2021年12月11日

【転職活動の強い味方!】20代も安心の総合型転職エージェント
たなかのJr.

就職して1年半。今の仕事が自分にはあわなかったから転職したい…。
初めての転職におすすめの転職エージェントってどこかありますか?

転職者の強い味方になってくれることで人気の転職エージェント。
さらに転職エージェントは全てのサポートを無料で提供してくれます。

でも、転職エージェントってたくさんあるし、初めての転職ともなればどこを選んだらよいかすごく不安・・・

そこで、初めての転職でも安心の総合型転職エージェントを徹底調査しました!!
その結果、支援実績が豊富で大手企業運営の頼れる総合型転職エージェントがわかりました!

この記事の信頼性
たなかの経歴

実際僕も経理の転職経験者です。
また、採用側として面接官の立場も何度も経験しています。

この記事では、企業の経理を長く経験した僕が、転職者側・採用者側の両面から見ておすすめできる転職エージェントを紹介します。

この記事を最後まで読めば、おすすめがわかるだけでなく転職エージェントを使うべき理由やポイントなど、転職エージェントについての理解も深まりますよ!

※「結論を先に教えてよ!」というあなたに、特におすすめの3社を先にご紹介!!

1位2位3位
おすすめ
総合型転職エージェント
迷ったらここ!!
リクルートエージェント
doda パソナキャリア
運営会社 株式会社リクルート パーソルキャリア株式会社 株式会社パソナ
支援実績450,000人
(2018年3月現在)
支援実績非公開
(参考)会員数648万人
250,000人
資本金
※親会社
350百万円
※(株)リクルートホールディングス
40,000百万円
1,127百万円
※パーソルホールディングス(株)
17,479百万円
100百万円
※(株)パソナブループ
5,000百万円
特徴 ・40年以上の歴史と転職支援実績No.1
・業界最大級!非公開求人数10万件以上
・専門コンサルタントがフルサポート
・転職者満足度No.1
・非公開求人を含む全求人数10万件以上
・国内最大級転職フェア(オンライン含む)
・手厚いサポートでオリコン顧客満足度No.1
・非公開求人を含む全求人数5万件以上
・転職者の収入UP率67.1%
無料登録 リクルートエージェント  doda   パソナキャリア 

 初転職で安心の総合型転職エージェント選びで失敗しないためには、とにかく
  支援実績が豊富
  ・信用度が高大手企業が運営している
  エージェントを選ぶことをおすすめします。

1.総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの違い

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの違い

そもそも「総合型」ってどういう意味?…なんて思ってるかたもいるでしょう。
転職エージェントは多く分けて「総合型」「特化型」の2種類に分類されます。
まずは総合型と特化型の違いをメリット・デメリットを比較して見てみましょう。

① 総合型転職エージェント

総合型転職エージェントは、その名の通りあらゆる業界・あらゆる職種を幅広く取り扱う転職エージェントです。

■ 総合型転職エージェントのメリット

総合型のメリット3つ

  • 支援実績が豊富
  • 歴史が長い大手企業が運営
  • 求人数が多い
メリット1.支援実績が豊富

とにかく支援実績が豊富です。

あらゆる業界・職種を取り扱っているため利用者が多く、おのずと支援実績が蓄積されるため、サービスや担当アドバイザーの質も安定しています。

メリット2.歴史が長い大手企業が運営

歴史が長い誰もが知る大手企業運営が多く、安心度と信頼度は抜群です。

今回ご紹介した転職エージェントも、1位のリクルートエージェントをはじめ大手企業がならんでいます。

メリット3.求人数が多い

募集企業側にも安心の大手企業運営のため、求人数も多く集ります。

非公開求人を含めると5万・10万という規模の求人数!企業とのパイプもしっかり築いているため質の高い求人が集まっています。

■ 総合型転職エージェントのデメリット

総合型のデメリット2つ

  • 事務的・機械的な対応と感じることも…
  • 専門性が低い場合も…
デメリット1.事務的・機械的な対応と感じることも…

ときには事務的・機械的な対応と感じることがあるかもしれません。

総合型転職エージェントは登録者も多く、1人の担当アドバイザーが受け持つ担当数も多くなります。

そのため、(もちろん全員ではないですが)1人ひとりへの対応時間も限られ、事務的・機械的になることも…。

デメリット2.専門性が低い場合も…

幅広い業界・職種を取り扱うゆえに、担当アドバイザーによってはあなたが望む業界・職種についての知識がそれほどない場合もあります。

その場合、担当アドバイザーのサポートに物足りなさを感じてしまう可能性もあります。

特化型転職エージェントと組み合わせて、うまく利用すると良いですね!

② 特化型エージェント

特化型エージェントは、特定の業界や職種に特化した転職エージェントです。
例えば、僕のサイトでは未経験から経理職を目指すかた向けに記事を書いていますが、この場合、経理職をいう「職種に特化」した転職エージェントなどがこれに当たります。

■ 特化型転職エージェントのメリット

特化型のメリット3つ

  • 業界や職種が決まっている場合には有利
  • 専門性が高い
  • 企業とのつながりが強い
メリット1.業界や職種が決まっている場合には有利

特定の業界・職種に特化した案件のみを取り扱うので、業界や職種が決まっている転職活動にはとても有利です。

総合型に比べ、特定の業界や職種を扱うため、運営規模もそれほど大きくなく、1人ひとりに手厚いサポートを用意しているところが多いのも特徴。

細かいところですが、小規模運営ゆえに、担当アドバイザーとの連絡のつきやすさも意外と大きなメリットと感じる部分ですね。

メリット2.専門性が高い

特定の業界や職種に特化しているだけあって、専門性は非常に高いです。

特定の業界・職種での業務経験を持った担当アドバイザーが在籍していることも多く、豊富な知識や経験からのベストなアドバイスによる万全な対策がおこなえます。

業界・職種特有の選考対策はおまかせですね。

メリット3.企業とのつながりが強い

特定の業界や職種に特化している分、その分野で募集を出す企業とのつながりも強い傾向にあります。

募集企業の募集の背景や欲しい人材像、また、企業風土なども詳しく把握していることが多く、企業側・あなた側、両者にとって高いマッチングを実現します。

■ 特化型転職エージェントのデメリット

特化型のデメリット2つ

  • 求人数が少ないと感じることも…
  • 大手企業や支援実績が少ないと感じることも…
デメリット1.求人数が少ないと感じることも…

総合型転職エージェントと比べてしまうと、どうしても求人数は少なめです。

ただし、特定の業界や職種に絞っているのであればそれほど気にならないかもしれません。

総合型転職エージェントと組み合わせて、うまく利用すると良いですね!

デメリット2.大手企業や支援実績が少ないと感じることも…

総合型転職エージェントと比べて、大手企業の運営が少ないと感じたり、支援実績の数字が少ないと感じることもあるかもしれません。

どうしても業界・職種に特化している分小規模な運営となるため、支援実績もおのずと少なく、大手企業が参入しづらい領域となります。

こちらも総合型転職エージェントと組み合わせて、うまく利用すると良いですね!

2.転職エージェントを使うべき5つの理由

転職エージェントを使うべき理由

次に、転職エージェントってほんとに使うべきなの?と思っている人もいるでしょう。ここではそんなあなたの疑問を解消しましょう!
下記は全て「無料」で受けられるサービスです。相談できる相手がいるってほんと安心につながります!

転職エージェントを使うべき理由5つ

  • 非公開求人の紹介をゲットできる
  • 転職指導のプロがサポート&情報提供してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削&面接指導をしてくれる
  • 応募会社との面接等日程調整をしてくれる
  • 応募会社へ入社する際の条件交渉をしてくれる

理由① 非公開求人の紹介をゲットできる

非公開求人の紹介ゲットのためには、転職エージェントは必須です!

公開での求人は誰でも応募できるのでたくさん人を集めるには適していますが、企業側としてはほんとに欲しい人物を見極めるのも大変。

企業側はそういった負担をなくすためにもエージェントに欲しい人物像を伝え、欲しい人材だけを紹介してもらおうとします。(ある程度ふるいにかけたい。)

非公開求人にお目にかかるためには転職エージェントは必須と言えます。

理由② 転職指導のプロがサポート&情報提供してくれる

転職指導のプロがあなたを全面的にサポートして情報提供もしてくれます

初めての転職活動、あなた1人で自分にあう会社や必要な情報をコツコツ探すのって考えただけでも大変でしょう。

そこで、転職エージェントなら転職指導のプロがあなたの特性を見極め、ピッタリの転職先を探して提案してくれます。

短期間であなたにピッタリの転職先を見つけたいなら転職エージェントほど頼りになるものはありません。

理由③ 履歴書や職務経歴書の添削&面接指導をしてくれる

初めて作成する履歴書や職務経歴書、中途採用の面接ってどんな準備をするのか、こんなことも転職エージェントに全てお任せです。

応募する会社を知り尽くしている転職エージェントだからこそ、個々の会社にあった適格な指導をしてくれます。

転職エージェントの担当アドバイザーと二人三脚で転職活動できるのはとても心強く安心です!

理由④ 応募会社との面接等日程調整をしてくれる

働きながらの転職活動。そんな時面接日程等調整をしっかりやってくれる頼りになる転職エージェントは嬉しい存在です。

日程調整を何度も応募先企業とおこなうことなく、こちらの都合をエージェントに伝えるだけでしっかり日程調整してくれます。

地味ですが転職経験者の僕から言わせてもらうと「これだけでも転職エージェントを使う価値あり!」くらい本当に助かるサービスです。

理由⑤ 応募会社へ入社する際の条件交渉をしてくれる

折角内定もらえそうだし条件は… そんな時にも頼りになるのが転職エージェント。

例え入社できても、納得できていなかった条件が原因でまたすぐに転職… なんてことほど悲しいことはありません。

条件面についてもしっかりと転職エージェントと相談して、納得のいく転職が実現できます

3.20代も安心の総合型転職エージェント7選

20代も安心の総合型転職エージェント6選

それではいよいよどの転職エージェントに登録すべきか、転職活動の強い味方「支援実績豊富」「信用度が高い大手企業運営」の頼れる総合型転職エージェント7社をご紹介していきましょう。

第1位 リクルートエージェント

迷ったらまずはここだけ登録でOK!40年以上の歴史を持つ転職支援実績No.1転職エージェントです。
リクルートエージェントは非公開求人含めた求人数が他社に比べて圧倒的!僕が転職活動した際にもメインでお世話になった本当におすすめできるエージェントです。

>>リクルートエージェント のサポート詳細を見てみる

特徴・40年以上の歴史と転職支援実績No.1(※)
・業界最大級!非公開求人数10万件以上
・専門コンサルタントがフルサポート
支援実績 450,000人(2018年3月現在)
運営会社 株式会社リクルート

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」(2019年度実績)より

迷ったらまずはココだけ登録
転職支援実績No.1

リクルートエージェント

※無料で簡単登録

第2位 doda(デューダ)

doda

リクルートエージェントと肩を並べる求人数を誇る転職者満足度No.1転職エージェントです。
dodaはイベントやセミナー、転職フェアなどの開催が他社に比べて圧倒的(オンライン開催含む)。僕の体験では他エージェントにない有名企業の紹介が多かった印象。

>>doda のサポート詳細を見てみる

特徴・転職者満足度No.1(※)
・非公開求人を含む全求人数10万件以上
・国内最大級転職フェア(オンライン含む)
支援実績 支援実績非公開 (参考)会員数648万人
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※電通バズリサーチ調べ インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数より

転職者満足度No.1

doda

※無料で簡単登録

第3位 パソナキャリア

パソナキャリア

手厚いサポートで顧客満足度調査3年連続No.1転職エージェントです。
パソナキャリアは1位・2位に並ぶ総合型転職エージェントの代表。派遣で有名なパソナグループだからこその転職者・募集企業に寄り添ったサポートは秀逸です。

>>パソナキャリア のサポート詳細を見てみる

特徴・手厚いサポートでオリコン顧客満足度No.1(※)
・非公開求人を含む全求人数5万件以上
・転職者の収入UP率67.1%
支援実績 250,000人(2018年3月現在)
運営会社 株式会社パソナ

※2021年オリコン顧客満足度調査より

オリコン顧客満足度No.1

パソナキャリア

※無料で簡単登録

第4位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

特に20代の転職に強い総合型転職エージェントです。
マイナビエージェントは回数別・年代別サポートが充実。特に20代に力を入れている印象で、はじめての転職や20代の転職などピンポイントのサポートが魅力です。

>>マイナビエージェント のサポート詳細を見てみる

特徴・初めての転職でも安心サポート
・転職事情に通じた専任アドバイザー
・企業担当アドバイザーもバックアップ
支援実績 支援実績非公開 ※国内最大級の記載あり
運営会社 株式会社マイナビ

20代の転職に強い!

マイナビエージェント

※無料で簡単登録

第5位 type転職エージェント

type転職

利用者満足度87%(※)と、サポート充実の転職エージェントです。
type転職エージェントは丁寧なキャリアカウンセリングが売り。一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の転職サポートが強いので、首都圏での転職者向きです。

※キャリアデザインセンター調べ

>>type転職 のサポート詳細を見てみる

特徴・求人数20,000件以上
・31万人以上の転職支援実績
・転職のプロが徹底サポート
支援実績 310,000人以上
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

高い利用者満足度

type転職

※無料で簡単登録

第6位 エン エージェント

エンエージェント

14種類の職種別キャリアパートナーを設定するなど、専門サポートに力を入れている転職エージェントです。
エン エージェントは適性検査や面談であなたを徹底分析。自分でも気づいていない人柄やビジョンの発見を可能にします。

>>エン エージェント のサポート詳細を見てみる

特徴・非公開求人数15,000件
・専任キャリアパートナーによる徹底サポート
・入社後の活躍までをサポート
支援実績 登録人材数40万人以上、約1万社の採用支援実績
運営会社 エン・ジャパン株式会社

職種別キャリアパートナー

エン エージェント

※無料で簡単登録

第7位 ワークポート

ワークポート

転職相談サービスにより転職決定人数No.1の転職エージェントです。
ホテルのコンシェルジュのようなきめ細かなサポートが売りで、あなたの転職成功に向け徹底的に寄り添ってくれます。

>>ワークポート のサポート詳細を見てみる

特徴・転職決定人数No.1(※)
・転職コンシェルジュによる転職相談サービス
・転職活動に便利な無料アプリ&スクール
支援実績 500,000人(転職相談含む)
運営会社 株式会社ワークポート

※リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』(2021年4月~2021年9月)より

転職決定人数No.1

ワークポート

※無料で簡単登録

4.転職エージェントを利用する際の5つのPoint

転職エージェントを利用する際の注意点

登録後、転職エージェントを利用する際に注意するポイントを5つご紹介します。
しっかりと守れば転職エージェントの力を最大限活かすことができますので、ぜひ実践してくださいね!

転職エージェント利用のPoint5つ

  • 複数の転職エージェントに登録して相性を確認
  • 担当アドバイザーが合わなければすぐに申し出る
  • 転職時期はなるべく最短日程を答え、転職意思を明確に伝える
  • 担当アドバイザーからの連絡にはすぐに返答する
  • 見栄を張らずありのままの自分を伝える

Point① 複数の転職エージェントに登録して相性を確認

転職エージェントの登録は1社だけではなく、最低3社は登録してください。

各転職エージェントごとに保有する求人情報も違うため、1社だけの登録よりもより単純にチャンスが広がります。

また、あなたについてくれる担当アドバイザーも「人」なので相性が合う合わないが必ずあります。転職エージェントのサービスを生かすも殺すも担当アドバイザー次第ということは忘れないでください。

転職エージェントは最低で3社の登録をおすすめします。

Point② 担当アドバイザーが合わなければすぐに申し出る

上記Point①の結果、担当アドバイザーがどうしても合わない場合は我慢せずに転職エージェントへ申し出ることも大事です。

各転職エージェントから多くの求人紹介や複数のサポートを受けることは大きなメリットです。担当アドバイザーとの相性でそのメリットが受けられないのはとても残念。

エージェント側へアドバイザーとの相性が合わない旨を伝え、担当アドバイザーの変更をお願いしましょう!

Point③ 転職時期はなるべく最短日程を答え、転職意思を明確に伝える

転職時期はなるべく最短の日程を転職エージェントに伝え、すぐにでも転職したい意思を明確にしてください。

転職エージェントも好き好んで無料であなたの転職活動をお手伝いしているわけではありません。

残念ながら転職の意思が低そうな人に対しては、積極的なサポートをしてもらえないことが多いです。

すぐに転職したい意思を明確に伝えることが大事ですよ。

Point④ 担当アドバイザーからの連絡にはすぐに返答する

担当アドバイザーからの案件紹介やメール連絡等にはすぐに返答しましょう。

担当アドバイザーは企業に変わってあなたの日々の対応や態度も見ています。

直接応募企業からの問い合わせと同じだと思って、連絡にはすぐに対応してくださいね。

Point⑤ 見栄を張らずありのままの自分を伝える

スキルや経歴は盛らずにありのままを伝えましょう。

第二新卒の転職(特に未経験職種への転職)ともなると、少しでも良く見せなければ!とスキルや経歴を盛ってアピールすることも…

結果、あなたを企業に売り込むための担当アドバイザーに嘘をつくことになると、企業と担当アドバイザーはもちろん、あなたと担当アドバイザー・企業とあなたとの信頼関係も成り立たなくなります

見栄を張らず、ありのままのあなたを伝えてくださいね。

5.転職エージェント利用の流れ7Step

転職エージェント利用の流れ(7Step)

転職エージェントを使う理由やポイントが理解できたところで、今回は1位で紹介したハタラクティブはもちろん、一般的な転職エージェントの利用の流れを紹介していきます。
転職までの全体像をつかみましょう!

利用の流れ7Step

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 担当アドバイザーと面談
  3. 求人紹介を受ける
  4. 選考対策
  5. 企業へ応募
  6. 面接
  7. 内定/入社準備

Step① 転職エージェントに登録する

まずは今回おすすめ転職エージェントで紹介した中から数社登録してみましょう!

最近はどこの転職エージェントも3分くらいの時間で簡単に登録できちゃいますよ

あまり考えすぎずにまずは行動です!

Step②  担当アドバイザーと面談

数日のうちに担当アドバイザーから連絡がきます。

希望の条件等いろいろ質問されると思いますが、質問には見栄を張ったりせず正直に答えてくださいね。正直に話すことで自分でも気づかないあなた自身の強みなども発見してもらえます。

Step③ 求人紹介を受ける

面談後、あなたの希望をふまえた求人紹介を受けます。

転職エージェントは会社名だけでなく、その企業の職場の雰囲気等、細かな情報を持っていることが多いです。

ただ単に紹介してもらって終わりではなく、積極的に紹介会社の情報について確認してみましょう。

1週間たって紹介がなければ、自分から担当アドバイザーへ連絡しましょう。
こちらから状況を確認することで転職に積極的なことを伝えましょう。

Step④ 選考対策

転職エージェントの用意する選考対策を受けます。

履歴書や職務経歴書の書き方はもちろん、応募する会社にあった面接指導など転職支援のプロがばっちり対策をおこなってくれます。

今回紹介した転職エージェントは、サポート内容に注目し、特に充実しているところを厳選しました。転職エージェントが用意してくれるサポートメニューをうまく使って、転職活動を有利にすすめましょう。

Step⑤ 企業へ応募

紹介された企業への応募をします。

複数紹介があった場合、全ての会社に応募する必要はありません

担当アドバイザーとよく話し合って、あなたが受けてみたいと思える企業へ応募してください。

Step⑥ 面接

応募企業との面接をします。

面接の日程調整は全て担当アドバイザーがおこなってくれますので安心です。

選考対策で教わったことをばっちり発揮しましょう。

Step⑦ 内定/入社準備

めでたく内定の連絡がもらえたら、いよいよ入社準備です。

結構ここが大変。。。現会社に退職の旨を伝え、転職先企業へいつから出社できるかを伝えます。立つ鳥跡を濁さずといわれますが、円満退職に向けて現会社での引継ぎ等しっかりおこないましょう

転職エージェントは内定がもらえたら終了というわけではなく、内定から入社までのフォローはもちろん、入社後の不安や悩みの相談までサポートしてくれます。
初めての転職で不安なことも多いと思いますので、困ったことがあれば担当アドバイザーを頼りましょう。

6.【Q&A】20代初めての転職でよくある質問(5つ)

よくある質問

最後に20代初めての転職でよくある質問とその回答をまとめておきます。

質問① 20代の転職は早すぎる?

早いことはありませんよ。厚生労働省の調べでは大学新卒入社後3年以内に3割の人が転職しています

採用企業側からしても、まだ若いので長年働いてもらえるし、未経験職種だとしても将来性で採用ができます。

特に未経験職種を狙うのであれば早急に(できれば新卒入社後3年以内に)行動してください。

質問② 転職エージェントってどうして無料で使えるの?

転職エージェントは図のように、求人依頼を出している企業にあなたを紹介することで報酬を得ています。
多くは成功報酬型で、入社決定により年収の30%程を受け取る契約です。

転職エージェントの仕組み

質問③ 複数のエージェントで同時進行で会社に応募してもOK?

問題ありません。複数の企業を比較検討しながら面接をすすめてください。

ただし、複数のエージェントから同じ企業への重複しての応募は絶対にしないでください。応募企業へ迷惑がかかるばかりでなく(2度書類確認をする等)、社会人としての常識も疑われかねません。

もしも複数のエージェントから同じ企業の案件の紹介を受けた場合は、一番信頼できるエージェントから応募するようにしてください。

質問④ エージェントからの紹介案件、断ってもいいの?

はい、気にいらない企業について断っても大丈夫です。

担当アドバイザーにどういう点が自分に合わないのかしっかりと理由を添えて断ることで、次の紹介にもつながります。

担当アドバイザーとのコミュニケーションをしっかりとって、理想の転職を実現してください。

質問⑤ 転職エージェントはどこか1社だけ登録すればいいですよね?

いいえ、最低3社の登録をおすすめします

この記事でもお伝えしたように総合型や特化型など、エージェントによって得意部分も異なります。また、非公開求人については全てのエージェントに同じ案件があるとは限りません。

担当アドバイザーとの相性などもあるので、複数登録して比較しながら良いところ取りして効率的に転職活動をすすめてください。

■特化型転職エージェントを知りたいかたはこちら

>>【未経験職種への転職も安心!】第二新卒に強い転職エージェント8選

7.まとめ

まとめ

今回は、初めての転職活動で20代に安心の総合型転職エージェント7社をご紹介しました。

転職エージェントを使うことで

  • 担当アドバイザーとの面談が面倒だな…
  • 無理やり応募を強要されるんじゃないか…
  • そもそも担当アドバイザーと相性が合わなかったら最悪…

などの不安やデメリットと感じることもあるかもしれません。

しかしそれ以上に、無料で圧倒的な転職情報・転職サポートが手に入ることは比べ物にならないメリットです。また、どこの転職エージェントも非公開求人が大半を占める現在、登録しないことで損したくないですものね。担当アドバイザー面談は電話やWEBでもできるところがほとんどですので手間もないですよ。

転職活動する上で、大手企業が運営する信頼度抜群の総合型転職エージェントへの登録は必須と言えます。
まずは手を動かし、1社登録してみることからあなたの未来を変える行動が始まります。

ぜひあなた自身の未来のために、まずは一歩踏み出してみてくださいね。

別の切り口でおすすめの転職エージェントもあります。下記記事も参考にしてみてください。

■特化型転職エージェント

【未経験職種への転職も安心!】第二新卒に強い転職エージェント8選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たなかの

上場企業経理ブロガー【経歴】大学生とコンビニ店長の2足のわらじ▶新卒で上場企業営業職▶1年2ヵ月で転職▶未経験から上場企業経理職▶同企業内部監査職▶同企業経営企画職(現任)|数字に強い経営参謀|このブログを通して未経験から経理を目指すかたを応援します!!

-経理未経験